2020
14
Mar

スチームパンク

レ・マシーン・ド・リル(Les Machines de l’ile)

01_elephant_s

フランスと言えば、パリのシャンゼリゼや凱旋門などを 思い浮かぶかもしれませんが…
もちろん、それ以外にも楽しい場所もいっぱいあります。

 

個人的に、スチームパンク好きなら一度は行ってもらいたい場所が1つあります。それが、フランスのナントにある「レ・マシーン・ド・リル(Les Machines de l’ile)」になります。

 

こちらはSFの父と呼ばれる「ジュール・ガブリエル・ヴェルヌ」の生まれ故郷であり、また彼の小説に登場する…

① 家を背負った機械仕掛けの巨大なゾウ
② ビックリするような生き物たちがいる遊園地などがあります

 

 

ちなみに想像がそのまんま実現したお写真がこちらです…

その①
01_elephant_s

とりあえず、デカい!家を確かに背負っていますね…
人も入る状態で、しっかりと動いてました♪

 

 

 

 

 

その②

02_round_s

確かに…遊園地だ!
しかもメリーゴーランドでちゃんと回ります、もちろん私もしっかりと乗りました♪

 

 

さらに別の空間だと、日本ではあり得ないクモが居ました!
それがこちらです…

03_myself_s

折角なので私もスチームパンク恰好で決めてきました!

 

この一日はあまりにも嬉しすぎて…はしゃいでました。

その興奮を抑えきれず2020年の1月頃に、撮影したお写真を1人でも多く知ってもらいたいため、デジタルの写真ではなく、紙媒体のカレンダーで伝えようと
直接問い合わせたところ…

 

 

な、なんと…許可を頂きました!

 

 

「公式サイトのホームページを紹介文としての条件でした」ので…早速下記の通り日本語に翻訳致しました。

 

[レ・マシーン・ド・リルについて]
 フランスのナントにある「レ・マシーン・ド・リル」は、まったく前例のないプロジェクトです。フランソワ・デラロジェールとピエール・オレフィスの集合的想像力の産物であり、ジュール・ヴェルヌの「発明された世界」、レオナルド・ダ・ヴィンチの「機械的宇宙」、その産業史を「ナント島のマシン」~レ・マシーン・ド・リル~ですべて見つけることができる唯一の場所になります。

[情報]
 レ・マシーン・ド・リルに関する最新情報は下記のWEBサイトを参照してください。
  https://www.lesmachines-nantes.fr/

 

 

…この後、公式のほうへ送付した際にOKもいただきました。

 

実際に作成したカレンダーは、こんな感じです。
 ※届いた際スマートフォンで撮ったお写真

04_宣伝_s

 

もっとキレイに撮影しようと、行きつけのお店の背景を用いた撮影がこちらになります…

 

モデル:まきちゃん

05_maki_s

 

 

 

 

モデル:ヒヨコさん
06_hiyo_s

 

 

もちろん「家を背負った機械仕掛けの巨大なゾウ」もあります
07_elephant_cal_s

 

 

もし、ご興味があれば一度フランスのナントを訪れてはいかが?

 

コメント

  1. The very next time I read a blog, Hopefully it wont disappoint me just as much as this particular one. I mean, I know it was my choice to read, however I really thought youd have something interesting to say. All I hear is a bunch of crying about something that you can fix if you werent too busy seeking attention.

  1. この記事へのトラックバックはありません。